06.25.2021
Branded Content

ブランデッドコンテンツの力

A man sitting on a hardwood floor, leaning against the wall and looking at his mobile device with an open laptop resting on his lap.

コンテンツとは、まさに「競争」といえるでしょう。では、その賞品とは何かというと、消費者の注目です。SNSや記事などたくさんの情報が流通し、世界がますます雑然さを増していく中、ブランドストーリーテリング(ブランデッドコンテンツ)は、ノイズを排除し、オーディエンスと有意義な関係を築くための最も強力な方法の1つとなっています。魅力的なブランデッドコンテンツは現在のトレンドを探求し、最先端のイノベーションを取り入れます。さらに、ブランデッドコンテンツは、力を与え、心に響く情報豊かなストーリーを伝えるので、オーディエンスはブランドの真のメッセージを受け取ることができます。では、どうすれば最高のストーリーを全面に押し出すことができるのでしょうか?

アテンションエコノミーでは信頼が重要
ブランデッドコンテンツは、インタラクティブなマルチメディアの長編記事、ポッドキャスト、ドキュメンタリースタイルの動画、没入型体験など、さまざまなフォーマットが使われます。この多種多様な表現によって、共感できるようなストーリー性や影響力を高め、人々を情熱に結び付けると同時に、ブランドやメッセージに対する信頼を確立します。

最近の調査では、「ブランドへの信頼度が高い」人々の78%が、「ブランドのコンテンツを積極的に共有する」、「批判的な意見からブランドを守る」、「他の人にブランドを勧める」傾向が高いと述べられています(Edelman Trust Barometer Report、2020)。別の調査では、今年、消費者の81%がブランドとの関わりを望んでいることが示されています(Merkle Loyalty Barometer Report、2021)。効果的なブランデッドコンテンツはこれらの目標をシームレスに結び付けます。

関連性が鍵となるため、品質が重要
信頼は関連性に基づいて成り立つものであり、ブランドがターゲットとするオーディエンスの心に響くかどうかは非常に重要なポイントです。ブランドが、時事問題や社会的出来事に、どう対応するかは、消費者にとって2番目に重要な購入要因であり(2020 Edelman Trust Barometer Special Report:Brand Trust)、どのようなオーディエンス戦略にも意図を反映させることが重要です。

ブランドセーフな環境で展開されたカスタムコンテンツは、影響力が高く、前向きで、有益な体験をもたらします。消費者の78%は、楽しさがあり前向きなオンラインコンテンツが、近い将来さらに重要で、人気のエンターテインメントの発信源になるだろうと述べています(The Soul Publishing Survey、2020)。

ブランドストーリーテリングは、ユーザーが好むコンテンツ体験方法の絶え間ない進化に適応
ブランデッドコンテンツは適応性があります。これは、5G(想像力に富んだストーリーテリングの計り知れない可能性)が世界中に普及し続ける中で必要不可欠な要素です。当社ではすでに、5Gを活用し、顧客とのシームレスなつながりを実現する革新的な体験を、クライアント企業と共に構築しています。パートナーのパブリッシャー企業においても、3D、拡張現実、その他の没入型体験など最先端テクノロジーを駆使してストーリーを強化し、当社のニュース、スポーツ、エンターテインメントなどのあらゆる分野でオーディエンスを魅了しています。消費者の半数以上(58%)が、ブランドが消費者との関わり方で一番重要な方法は、「驚きと喜び」であると答えています。RYOT Studioは、進化し続ける今日の環境に対応し、迅速に適応する体制を整えています(Merkle's Loyalty Barometer、2021 )。

信頼できるパートナーと協力
Verizon Mediaのコンテンツ制作スタジオ専門チーム「RYOT Studio」は、ブランドがこれらのモーメントを実現するために様々な角度からサポートいたします。当社は、アーティスト、映画製作者、ジャーナリスト、ストラテジスト、エンジニア等からなる多才なチームを有しています。Verizon Mediaが保有するニュースメディアの編集者出身者やプロデューサーたちが揃っています。当社は、ブランドの重要なトピックを取り上げ、編集部目線でコンセプトを制作し、オーディエンスに直接語りかけます。また、多様なデータ信号と5Gテクノロジーを駆使してクリエイティビティを最大限に発揮し、ブランドと当社が世界中で展開するデジタルメディアのオーディエンスをつなげるべく取り組んでいます。

詳しくは、こちらまでお問い合わせください。