12.24.2019
Press

米Verizonと米Walt Disney Studios StudioLAB、 5Gを駆使したエンターテインメントの可能性を、映画『スター・ウォーズ』ワールドプレミアで披露

概要:

  • 米Walt Disney Studios StudioLABと共同で、5Gがもたらすエンターテイメントの未来を革新する画期的なプロジェクト
  • レッドカーペットのライブ配信イベントでは、Verizon 5G Ultra Widebandを使用してキャプチャーした映像を中継配信
  • Verizon 5GおよびVerizon MediaのRYOTチームが展開するモーションキャプチャー技術を駆使し、アフターパーティーの会場でスター・ウォーズファンとバーチャルのシス・ジェット・トルーパーが交流する体験コンテンツを発表


ニューヨーク – 米Verizonおよび米WaltDisney Studios StudioLABとILMxLABは、先週、米国ロサンゼルスで開催された映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のワールドプレミアで、5Gを駆使したライブエンターテインメント体験を披露しました。 この取り組みは、両社が共同でイノベーションを推進し、5Gがエンターテイメントの未来にどのようなインパクトを与えることが可能かを示す一大プロジェクトとなりました。

""

当社の5Gネットワーク「Verizon 5G Ultra Wideband」は、プレミア開催中に2つの場面で使用されました。 レッドカーペットイベントでは、Disney StudiosのプロダクションカメラをVerizon 5G Ultra Widebandネットワークに接続したデバイスInseego MiFi M1000®に連携することで高解像度(HD)映像を中継車に送信、それをDisney Studiosのプロデューサーが、5Gを通じてキャプチャーされたレッドカーペットのシーンをライブストリーミング中継に統合させました。プレミアアフターパーティーでは、Verizon 5GおよびVerizon Mediaの次世代モーションピクチャースタジオRYOTのモーションキャプチャー技術を搭載し、ILMxLABによって創り出されたリアルなスター・ウォーズのシーンにいるバーチャル シス・ジェット・トルーパーを披露しました。実際は、パーティー会場から数十キロ離れた場所にあるVerizon Mediaの5Gスタジオで、モーションキャプチャースーツを着用した俳優たちが遠隔で操作をしており、LEDのスクリーンにバーチャルで登場し会場を盛り上げました。

 会場の参加者たちは、このバーチャルの高画質3Dのシス・ジェット・トルーパーとリアルタイムに対話し、独自のパーソナライズされた体験を楽しみました。 この取り組みは、RYOTのモーションキャプチャー技術、NCAMシステム、そしてリアルタイムの交流を可能にするVerizon 5G Ultra Widebandの低遅延通信の技術によって実現しました。

米ベライゾンの最高プロダクト開発責任者であるNicki Palmerは、次のように述べています。
「StudioLABとVerizonの両社は、5Gがエンターテイメントメディアの製作、配信、消費の方法すべてを根本的に変革すると信じています。Verizon 5G Ultra Widebandネットワークは、変革を躍進させるために構築されており、業界全体をも変えるポテンシャルがあります。当社と米Disneyの関係は、5Gサービスの展開にとどまらず、米Verizonの顧客に向けたDisney+というサービスを通じて、最高のストリーミングを提供しています。 対消費者か対ビジネスかに関係なく、わたしたちはユニークかつ豊かな体験を提供し続けます。」

米Disney Studios StudioLABのBen Haveyは、次のように述べています。
「5Gの特徴である高速通信と低遅延は、想像を超えるクリエイティブな能力を実現させることがが可能です。 わたしたちは、ストーリーテラーにこの新しいテクノロジーをできるだけ早く提供したいと考えています。それによって、彼らは今までにない素晴らしい体験を世界中のオーディエンスに届け続けることができるはずです。」

米Verizonと米Walt Disney Studios StudioLABは、2019年1月に開催されたCESにおいて、5Gを通じて、プロダクションとストーリーテリングを促進するための新しいビジネスモデルとソリューションの開発を支援することを発表しました。 プレミアイベントの5Gプロジェクトは、米国ロサンゼルスのハリウッドで開催され、レッドカーペットイベントは、Facebook、Twitter、Youtubeなど米Disneyが保有するチャネルで配信されました。

*英語原文はこちら


 

【Verizonについて】
米ニューヨークに本社を構えるVerizon Communications, Inc.は、業界トップクラスのワイヤレスネットワークおよびオール光ファイバーネットワークワークを運営し、世界中の企業に統合ソリューションを提供しています。
当社のメディア部門である「Verizon Media」は、米Yahoo、TechCrunch、HuffPostなどのブランドを通して、情報伝達の工夫やエンターテイメントの表現手法さらにデジタルコミュニケーションの手段に、新しいアイディアを生み出しビジネスの変革に取り組んでいます。XR(Extended Reality)から広告およびコンテンツテクノロジーまで、Verizon Mediaはイノベーションのインキュベーターであり、5Gがもたらす次世代のコンテンツ制作の革命に取り組んでいます。

 

【ベライゾンメディア・ジャパン株式会社について】
米Verizonのメディア部門「Verizon Media」の日本法人です。米Verizonが2017年6月に米Yahoo!を買収、そしてAOLと統合し、Verizon Media(旧Oath)が誕生しました。
グローバルで保有するメディアと広告主・媒体社の広告効果を最大化するプラットフォームをワンストップで提供しています。
デジタルガジェットのニュースサイト「Engadget 日本版」、テクノロジーメディアの「TechCrunch Japan」、エンタメ情報サイトの「AOLニュース」、朝日新聞社との合弁事業であるニュースメディア「ハフポスト日本版」、そして、タイアップ記事広告やリッチクリエイティブを活用した総合ソリューションを提供する「RYOT Studio」を展開。米ベライゾンのメディア部門として、5G、XR(Extended Reality)、AI、機械学習等の最新テクノロジーを用いて、未来のメディアや広告ビジネスの変革に取り組んでいます。
URL: www.verizonmedia.com/ja

 

  • Join us
  • Join our team here at Verizon Media. We are creators, coders, dreamers and doers.
  • Follow us
© 2020 Verizon Media. All Rights Reserved